漆黒のリグレット

あらすじを聴く

※flashをインストールしてください。

朗読:遠藤ゆりか

漆黒のリグレット

著者名 哀歌
イラスト 未来電機
発売日 2014年09月03日発売
価格 (本体620円+税)円
ISBN 9784865290769

迷い、後悔をすることが本当にいけないことなのか――。 主人公リゼルの心の葛藤や成長を描く、ファンタジーストーリー。

10年前、自らの過ちで妹のフィーを失った主人公リゼルは、人の後悔から生まれた怪物・サバスを討伐する組織「グラン・ヴェルト」に入隊し“百炎のリゼル”と呼ばれ名をとどろかせていた。
その後、とある理由から組織を抜けたリゼルが、小さな依頼を受けて生活をしていた時だった。サバスを生み出すと言われているヴェルヌの宝珠が盗まれたとの報せが舞い込んできた。ヴェルヌの宝珠を奪還するため、アレイゼ、フォーゲルと共に旅立ったリゼルは、バルネシアにおける禁忌である“後悔”が、本当に過ちなのかどうか疑問を抱くことになる。
旅を続けていくなかで、リゼルは自分の想いに答えを見つけようとしていた。

PAGETOP