朗読

廃線上のアリス

詳細をCheck

朗読:遠藤ゆりか

※flashをインストールしてください。
「見つけた。あなたが、わたしの鼓動――。」

不登校の十七歳・譲羽朗は、東京を逃れ生き別れの父が住む愛媛県の小さな港町を訪れる。 そこで出会ったのが、廃線を裸足で歩く不思議な少女「アリス」。 一冊の本がきっかけで近づく二人だが、アリスはかたくなに正体を明かさない。 そんな折り、朗は町で「廃線の幽霊」のうわさを耳にする……。 恋した少女は何者か。本当に夏の亡霊(ゴースト)か。 切なく鮮烈な青春ラブストーリー、登場!

朗読

PAGETOP